トップページ > Q&A集 > 資産管理
Q&A(資産管理)
ライフプラン全般について 生きがいについて 家庭経済について
ライフプラン計画表について 健康づくりについて その他について
Q1:
金融商品の選択のポイントは何ですか?
 

金融商品には、流動性、安全性、収益性という3つの性格があります。
<金融商品の3つの性格>

流動性、安全性、収益性という3つの性質をすべて満たす金融商品はありません。流動性や安全性のある商品は収益性に乏しく、安全性のある商品は流動性に乏しく、収益性のある商品は流動性や安全性に乏しいという特徴があります。

金融商品の選択においては、これら3つの性質に加えて、今後のライフプランに基づく資金の目的と、その資金が必要となる時期が短期なのか中長期なのかを勘案して行っていくことが重要です。 金融商品を上手に選ぶためには、自分のライフプランを明確にし、その中のさまざまなライフイベントに必要となる資金の時期や金額を確かめて、それにふさわしい金融商品に絞って選んでいくことが大切です。


Q2:
資産管理におけるリスクは何ですか?

投資の世界におけるリスクとは期待収益に対する収益の上下のブレ(偏差)を指しますが、家庭経済設計における資産管理では、資産の残高が減ってしまう危険性と考えて差し支えありません。これは、二つに大別できます。
  1つ目は、元本保証のない金融商品、いわゆる値動きのある商品に投資している場合です。代表的なものとして株式、公社債(中途売却目的の保有の場合)、投資信託などがあります。ハイリスクハイリターンといわれるように、高い利回りを追求しようとすれば、それに見合ったリスクを覚悟しなければなりません。
  2つ目は、預けている金融機関が経営破綻してしまう場合です。銀行、証券会社、保険会社にはセーフティーネットと呼ばれる金融商品保護の仕組みができています。しかし、必ずしも預けている資産の金額が保護されるわけではありませんので、基本的な保護のルールや預金保険対象商品の理解と損失を最小限に抑える対策はとっておいて損はないでしょう。
  例えば定期預金の場合、1金融機関につき預金者一人当たり1,000万円とその利息までしか保護されませんので、それ以上の定期預金がある人は複数の銀行やペイオフ対象外の商品に分散するなどの対応策も検討する必要があると思われます。
  その他には、詐欺に遭う危険性なども存在します。特に、退職手当支給直後の退職者は狙われやすいため、いわゆる「うまい話」には十分注意しましょう。


Q3:
リスク許容度とは何ですか?

リスク許容度とは予想した運用成果を挙げられなかったときや、損害を被ったときの不足・損失を、どれくらいまで許容できるかという尺度です。
 つまり不確実性にどれだけ耐えられるかということです。年齢や運用できる期間、ライフスタイル等により一人ひとり異なります。また大きな支出をともなうライフイベントを控えているかどうか等により、一生のうちでも変化します。
 一般的には、若い人ほどリスク許容度が高く、年齢を重ねるとともにリスク許容度は低くなっていきます。


Q4:
生命保険の見直しのポイントは何ですか?

ライフステージの変化にともない、保障ニーズも変わってくることがあります。生命保険は長期間にわたる契約のため、そのような場合には、保障内容の見直しをすることが必要です。